旧海軍司令部壕

ホテルでの朝食を済ませ、そろそろチェックアウトします。
夕方5時半の便で帰るので、それまでまだ遊べますが、今日も生憎の雨。
天気が良ければ南部の海やカフェなど、行きたい場所は色々あるのですが、この雨では少々厳しい。
そこで以前から行きたいと思っていた「旧海軍司令部壕」を訪ねます。
豊見城市にある、戦争当時に海軍の司令部として使われていた壕で、今は資料館になっており、壕の中も見学する事ができます。
そこは驚くほど深くて広くて、これでも末期には立錐の余地も無いほどの軍人や民間人で溢れていたそうです。
資料館には当時の銃剣や食器、写真や手紙などが展示されており、ただただ言葉を失います。
重いものを抱えて施設を後にしますが、来て良かったですね。

私たちは6月14日に来たのですが、何か前日に式典があったようで、業者の方が片付けの真っ最中でした。
後から調べてみると、この壕の司令官だった大田實海軍少将が、昭和20年6月13日にここで自決していました。
それの式典だったのでしょうね。

aDSCN0424.jpg

aDSCN0441.jpg

aDSCN0436.jpg

aDSCN0427.jpg

aDSCN0432.jpg

aDSCN0431.jpg

aDSCN0430.jpg

コメント


管理者のみに表示