餃子とビール

夕方喉が渇いたので、手頃な店は無いかとルシアス付近を散策。
ラーメン屋や居酒屋はありますが、がっつり食べたい訳ではないので、入るのに躊躇します。
そこで見つけた餃子専門店。




カウンターとテーブル数卓のみの小さい店で、外からも丸見えのスタンドカフェのような佇まい。
中途半端な時間なのか、客は私一人きり。
カウンターの端に座り、生中と一番お勧めと思われるノーマルな餃子を注文します。
先にビールとお通しがきたので、軽く飲みながら待ちますが、ビールを完全に飲み終わってもまだ餃子は来ません。



暫く待ってやっと来ました、すかさず2杯目のビールを注文。
まあ、餃子の味は普通ですかね。




生ビール2杯と合わせて1080円なら値段も普通です。
残念なのは店全体に漂う覇気の無さ。
いらっしゃいの声に始まり、出て来るまでの時間も然り。
皿に盛られた餃子が綺麗に並んでいない所も気になります。
専門店を謳ってるので、此方はそれなりに拘りのある店かと思って、無意識にハードル上げてたんでしょうかね。
「通りすがりにちょっと一杯」には何の問題も無いですけど。

イマイチ満足感が得られなかったので、近鉄の地下で泡盛の3年古酒とテーブルワインを買って帰りました。
そして家で出された夕食を見れば、まさかのギョーザ丸被り。。。




コメント

餃子三昧ですね…。
美味しけりゃいいんですが、皿の上に雑に並んでるだけでも美味しく無さそうに見えますもんね。
見事にかぶりましたね(^^;; たまにそんな事ありますよね(笑) しかし、折角の餃子専門店なのに残念ですね💦 味が普通とは、タレに拘りがないのでしょうね💦 昔ちょこちょこ行った味噌ダレの餃子が忘れられません。
不味い訳ではないのですが。
これと言って特徴もないので、わざわざこの店を目指して行こうとは思わないですかね。
たしかアベ地下にも専門店があったので、今度はそちらに行ってみます。

管理者のみに表示