幸福な時間

百田尚樹の「幸福な時間」を読みました。
短編集ですが、どれもブラックジョーク的な、最後の決め台詞が特徴です。
最後の一言は落語の下げのようですね。
私にはあまり合わなかったかも。
元々短編は好きではないのですけどね。
長編だと思って買って帰り、いざ読もうとしたら短編だった時のがっかり感。過去に何度経験したことか。。。

コメント

短編小説は必然的に内容が薄くなりがちですもんね。
登場人物も少なくて、電車で途切れ途切れに読むには都合がいいんですけど。
しっかり練り込んだ長編の方が面白い作品が多いですよね。
個人的には、手軽に読めるので短篇も好きです。
シンプルで後味の悪い、悲劇的なエンディングが割と好きなので、短篇でも楽しめています。
Re:
短編好きで後味の悪い小説が好みなら、この本はうってつけかも。
何編か読み進めるうちに、大体パターンは見えてきますけどね。
今度貸しましょうか?
そういう風に改めて書かれると、さも変態みたいに聞こえますが、今度貸してください。
何かのついでに持って行きます。

管理者のみに表示