輝く夜

百田尚樹の輝く夜を4時間程で読み終えました。
全て女性が主人公の短編で、クリスマス&サンタクロースがテーマになってます。
内容的にはベタで、悪い言い方をすれば安物のドラマの脚本のような。
でも時々ほろっとさせられたり、どんどん読み進めてしまいます。
読後の後味も良いし、結構好きな本です。

コメント

百田さんの本は読んだこと無いのですが、一度読んでみようと思ってます。
せっかくなので「海賊~」を読みたいのですが、買いだめした本を消化出来ていないので、いつになる事やら。
私も百田初心者です。今はモンスターを読んでます。
まだ序盤ですが引き込まれます。
海賊〜も永遠〜も読みたいですね、この人の本は戦争だったり時代ものだったりファンタジーだったり、本によってテイストが全く違うのが不思議です。

管理者のみに表示