せめぎ合い

風邪気味なのか、数日前から体調が優れず。
さらになぜか右肩を痛めてしまい、毎日シップを貼る日々。
仕事も忙しく、四面楚歌とはこの様な状況でしょうか。
そんな中、幾つもの障害を乗り越えて、いつもの地磯に釣りに行きました(^^ゞ
なぜならば今日行かなければ、次は2週間後になってしまうから♪

いつものように夕方到着、思っていたよりウネリ有り。
とりあえずいつもの場所で竿出し。
まだまだ明るい午後5時過ぎ、竿を出して10分後、35センチくらいの綺麗なチヌが釣れました。
最近スカリとの相性が悪いので、今日はストリンガーに繋いで潮溜まりで活かします。
続けてアタリ、今度はコロダイっぽい引きで、沖に一気に走ります。
軽く糸を出しながら耐えていると、まさかのハリス切れ。
見れば針のチモト付近で切れてます、先程チヌを釣った時に傷付いていたんでしょう、悔いが残ります。
その後小さいタマミの子供のようなのを2匹釣り、再びコロダイっぽい魚を掛けますが、何とこれもバラシました。
今日は調子悪いです。
ふとストリンガーを見れば、大きなサギのような鳥が魚の横に立って見下ろしてます。
明らかにチヌを狙ってる^^;
竿で追い払うも、5M程離れてこちらを見ています^^;
ウキも魚も気になり、これまた集中できません。
30分ほどでようやく諦め、どこかに飛び立っていきました。

この時点で足元に波が押し寄せ、この場所を見切ります。
少し離れた波の影響が少ない場所に移動し、第1投目に30センチ程のアイゴが釣れますが、これは好きではないのでリリース。
続けて35センチ程のヘダイ、これはキープ。
さらに続けて35センチくらいのグレ、これもキープ。
さらに20センチちょい越えのガシラ、これもキープ。
さすが秋磯、色々な魚が釣れますね。
まだマキエも残っているけど、潮が満ちてきて足場がなくなってきたので納竿とします。
時間は午後7時前、2時間弱しか釣りしてませんが、結構色々な魚が釣れました。
コロダイが無いのは寂しいですが、まあお土産にはなったので良しとしましょう。

魚を締めてバッカンに入れてると、足元に猫のような気配。
ライトを照らしてみれば、野生のタヌキでした^^;
他の釣り人にも貰ったりしてるのか、随分と人慣れした感じで、ウチの猫のような感じで側に座ってます。
一番小さいフエフキを1匹投げてやると、口に咥えて背後の薮山に消えて行きました。
それにしても今日は鳥とかタヌキとか、せっかく釣った獲物を横取りされる日なのでしょうかね。

111020_1650~01
すぐに釣れてきたチヌ
これ以降面倒なので釣り場での写真無し

111020_2030~02
大きいのを2発バラシたので、今日の持ち帰りは食べ頃サイズばかり

コメント

綺麗なチヌですね、さすが和歌山。水質のよさが魚種の豊富さから分かりますね。私は先日西宮にタチウオってきました。港の地続きのポイントで型は80までですがそこそこ釣れます。tinoさんも泉南のタチウオも旬ですよ。でも人混みはタチウオ釣りの嫌なとこですから地磯の方がいいかもですね。それと先日釣ったらすぐ神経を神経絞めして暫く流血させる絞め方を試しましたが生臭さが消え味がぜんぜん違いますね。お試しあれ~。
チヌは最近あまり持ち帰らないのですが、綺麗な食べ頃サイズだったのでキープしました。
臭みも無くて不味くないのですが、一緒に食べたガシラと比べるとチヌが可哀想ですね。
神経締めは興味あるのですが、まだ実際にやった事ありません。
いつもワンパターンのアイスピックで脳天締め&尾びれに切れ目→海水に漬けて血抜きコースです。

タチウオは数週間前行ってみたのですが、早かったのかアタリもありませんでした。
パターンを変えて先日はワインドを投げてたのですが、ウキ釣り師も含めて全く釣れてない日で、そんな訳で今シーズンはまだタチウオ釣ってません^^;

管理者のみに表示