筋肉痛

両腕が筋肉痛です。
昨日夕方、潮回りが良かったので急遽南紀の地磯に夜釣りに行きました。
単独なので20分歩くポイントは回避し、歩いて5分のお手軽ポイントへ。
朝までやるつもりはなく、4~5時間の半夜釣りです。
撒き餌、刺し餌共ボイルのオキアミ、今日は4.5キロ持って行きます。
5時前にポイントに到着、まだ明るいのでハリス1.7号の昼用仕掛け。
これが間違いでした、竿を出して約5分後、いきなり竿をひったくられて完全に後手に。
糸を出す暇もなく切られました。
悔やんでも後の祭り、まだ明るいですがハリスを太くして対応します。
それから15分、同じようなアタリでかなりの重量感、今度は出遅れずに対応できました。
散々走り回られて何とかタモ入れ、60センチオーバーのコロダイでした。
よく根にも擦れずに上がってきてくれたものです、運が良かったのでしょうね。
30分後に再びコロダイ、これは少し小さくて55センチくらい、さらに50センチのコロダイ。
この時点でまだ午後7時、これ以上コロダイが釣れてもスカリに入らないし、そろそろ違う魚が欲しいと思っていたら。
釣れてくれました、33~4センチのグレ。
次は30センチのヘダイ。
この時点で7時半、もう帰ってもいいのですが撒き餌が大半残ってるので、贅沢にばら撒きます。
早速アタリでコロダイの重量感、かなり大きい、しかしまさかの針外れ。
見ればすっかり針先がなまってました、完全に点検ミス、悔いが残ります。
針を変えて更にアタリ、同じく大きなコロダイですが、これもなぜか針外れ。
これを境に魚の気配が遠のき、時刻は午後9時、もう腕に乳酸が溜まって力が入らないので、これで帰る事にします。
魚を締めてバッグに積め込み、行きより重くなったクーラーバッグを背負いながらヨロヨロと磯を歩き。
家に帰って魚を捌いて道具を洗い、落ち着いた時は午前2時を回ってました。
この魚、いくら何でも食べきれないので、義弟の家に里子に出されます。
家の子になるのは一番小さいコロダイのみ。

久々に、メチャクチャ楽しい釣りでした(^^)

TS3O0386.jpg
まだ明るい磯の上、この後すぐに大きいのをバラシます。

TS3O0387.jpg
63、55、50のコロダイ、グレとヘダイは30少し上。

TS3O0390.jpg
ハナとの対比

コメント

お疲れ様でした。^^

しかし、でかいですね~
こんなの続けて掛かれば筋肉痛にもなりそうですね。
持って帰るの重くて大変だったでしょう。。
釣り上げた魚よりも、取り逃がした3匹の悔しさの方が大きかったりするのですが^^;
このサイズを数匹釣ると、さすがに腕に力が入らなくなってきました。
クーラーは重いですが、贅沢な不満ですね(^^)

管理者のみに表示