食堂かたつむり

柴崎コウさん主演の映画「食堂かたつむり」の原作を読みました。
まるっきり内容を知らずに読んだのですが、本の帯を見た感じでは、私の好きな映画、小林聡美さん主演の「かもめ食堂」と雰囲気が似てるのかと思い、何となく書店で手にとって購入しました。
結果、かもめ食堂とはまた違うのですが、なかなか面白くて二日で読み終えました。
幾つかの突っ込みどころや無理な展開もあるのですが、まあそれはそれ。
最初本を開いた時は、これはかなり暗い内容の話では?と警戒しながら読み進めたのですが。
テーマは結構暗いものがあるにも関わらず、なぜかギリギリの所で踏みとどまり、読者もあまり暗い気持ちにならずに済んでます。
もっと色々な客とのエピソードや、主人公のその後が知りたくなったと言うことは、結果面白かったという事でしょうか。
どちらかと言えば私のようなおじさんより、大人の女性向きでしょうかね。
原作の世界観が映画でどのように表現されてるか、ちょっと興味が湧きました。
平日の午前中、一人で映画館に足を運んでみようかとも思ったのですが。
上映スケジュールを調べたら、関西ではもうあまり上映されてないですね。
仕方ない、DVD出るまで待つか。。。

TS3O00090001.jpg

コメント

子供から、この本面白かったで~と、何冊か渡してくれたんですが、枕元に置いたまま
ちょっと連休中に読破しないと、、、、、(T_T)
来週の月曜日が祝日だと言うことを、今日知りました(^^ゞ
子供が春休みなので曜日の感覚がなくなりそうです。
娘さんが本を薦めるてくれるっていいですね。
ウチの娘もたまに読んでますけど、恋空とかドロップとか。。。

管理者のみに表示