山道で怖いもの

以前から何度と無く、福井と大阪の往復に山道を走ると言っていますが、昨夜も例に漏れず夜の山道を走行中でした。
夜の山道は色々なケモノに遭遇するのですが、昨夜は鹿でした。
車道の路肩からいきなり山の斜面が伸びる道、自分の車のヘッドライト以外は真っ暗闇。
進行方向前部に突然飛び出す鹿の顔。

これはかなりビビります。
いきなり前方にあの顔が飛び出してきた時の驚きは、色々な動物の中でもトップクラスではないでしょうか。
しかも昨夜のはかなり大きくて、角も立派。
その先10M程では3~4頭かたまって佇んでいました。
このように昼間見れば愛くるしいものでも、状況によってはかなり怖く感じるのですね。

しかし、今まで夜間の山道を走っていて一番驚いたのは、先日見た女子高生でした。
民家も無い真っ暗な山道を、制服の女子高生(結構可愛い)が携帯を操作しながら歩いてきてました。
私の車が通り過ぎれば再び真っ暗な道になるはずなのに、彼女は普通に・・・
地元の道で慣れてるのか、それとも本当に女子高生だったのか・・・


06-09-18_08-06~00.jpg

コメント


管理者のみに表示