メッキ

先ほど釣ったばかりのメッキです。
メッキとはギンガメアジ、カスミアジ、ロウニンアジなどヒラアジ類の幼魚の総称で、夏から秋にかけて大阪湾や和歌山では普通に釣れる魚です。
体がメッキをかけたように光っている事から、この呼び名がついたとの事です。
ルアーにも果敢にアタックしてきて、引きも強いし食べても美味しいので、釣りの対象魚として人気がありますね。
昔は和歌山まで行かなければ釣れなかった記憶がありますが、温暖化のせいか、最近は大阪湾でも結構釣れるみたいです。
狙って釣る程の群れがいるかどうかは疑問ですが。

一般的に大阪湾などで釣れるメッキは「死滅回遊魚」と呼ばれており、元々南方系の魚が暖かい潮に乗って来たものの、水温の下がる冬は越せずに全て冬に死滅するからです。
とは言え、発電所の温排水の流れる場所などでは、まれに年を越す個体もいるようですし、地球温暖化によって自然に冬を越せるようになるのも近い将来ありえるかも。

大阪湾で1メートルのロウニンアジなんかが釣れたら楽しいでしょうね(^^)

905bro1.jpg

コメント


管理者のみに表示

トラックバック