富山ブラック 大喜

日曜日の夜9時、一人寂しく富山駅に降り立ちました。
目的地はここからローカル線に乗り換えてもう少し先なのですが、ここで夕食にします。
駅から歩いてすぐ、元祖富山ブラックの大喜へ。
富山ブラックは白ごはんのおかずと聞いてたので、ブラック並とごはん小を。

なるほど。
確かにこれはごはんのおかず。と言うより、ごはんが無ければ完食は難しい。
例えるなら、間違えて醤油と塩を大量に入れた煮物のような…

ごちそうさまでした。
もう当分いいかな。







コメント


管理者のみに表示