2014年06月の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタシールド

久方ぶりにアウトドア用品を買いました。

スノーピークの「ライトタープペンタシールド」。
ソロキャンプなどに重宝する、ポール1本で張れるミニタープです。
近いうちに家族で海で遊ぶ予定があり、最初は3000円くらいのワンタッチで開くビーチテントを買おうと思ったのですが、結構嵩張るんですね。
それ以前に、嫁さんから「そんなの紫外線防げるの?」と聞かれ、まあ無理だと答えます。
「それならスノーピークの買えば?」と、あまり使わないからと躊躇していた事が馬鹿馬鹿しくなる感じで。
せっかくそう言って頂いたので、有り難く買わせて頂きました。
ちなみに旧カラーです、調べれば新しいカラーも出てたのですが、ウチのテントには旧カラーの方が合うので。

買った買ったと偉そうに書いてますが。
貯まっていたTポイントで全額賄えたので、1円も払ってないのですけどね。


関連記事
スポンサーサイト

牛タン 青葉苑

仕事帰りの遅い昼食、もう夕方ですが。
天王寺MIOの牛タン青葉苑にて。
この時間はどの店も空いてるのがいいですね。
頼んだのは牛タンと冷麺、瓶ビール。
なぜ瓶ビールなのかと言うと、生ビールだと料理が来るまでに飲んでしまい、結局もう一杯頼んでしまうから。

残念ながら牛タンは少し焼きすぎでした。
冷麺は美味しかったです。
お店の人はいつも元気で気持ち良いのですが、殆ど貸切の時の時くらいは、テーブル席に案内して欲しいですね。

帰り、近鉄地下でマイセン。




関連記事

仁徳天皇陵

最近、週3~4でこの辺りを歩いてます。
暇だから歩いてるのではなく、単に仕事で通過してるだけなのですが。
仁徳天皇陵に隣接して大仙公園があります。
図書館や博物館、日本庭園に茶室まである自然の多い公園で、天気のいい日は気持ち良くて、仕事に行くのを辞めて木陰のベンチに座りたくなりますね。

しかしよくよく目を凝らして見れば、木陰のベンチや薄暗い木立の中のベンチには、大抵誰か座ってます。
ほぼ100%男性で、しかも私と同世代や、それ以下の世代がうつむいて。
普通に休憩中や仕事が休みの人も居るのでしょうけど。。。
本当に景気は回復してるんでしょうかねえ。











関連記事

FC2ブログの広告

ウチはFC2ブログを使ってるのですが。
無料ブログだけに広告がウザい。
Ipadでブラウザがsafariの場合、画面のかなりの範囲を広告が占拠します。
しかも追尾型なのでタチが悪い。
そんな時。
「設定→Safari→Cookieをブロック→常に」
これで消えます。


備忘録として。
関連記事

仲良し

お気に入りの箱に入っていると、必ず邪魔しに来ます。







関連記事

父の日

そういえば先週の日曜日は父の日でした。
土曜の夜に沖縄から帰り、日曜日の夜は買ってきた泡盛で晩酌です。
友達と出かけてた娘が帰ってきて、父の日にお酒を買ってくれました。
壱岐の米麦焼酎「天の川」15年古酒。
それと宮古島の泡盛「菊の露」エレガンス 7年古酒。
こんな高いのを2本も!
持つべきものはバイトしてて懐の暖かい子供です(笑)
お酒が増えて嬉しいですが、あっという間に無くなりますけどね。





関連記事

アウトレットモール あしびなー

旧海軍指令壕を出る頃から雨が凄い事になり。
とりあえず近くにある泡盛の酒蔵、忠孝酒蔵に向かいます。
「忠孝」の一般酒は大阪でも買えるので、我が家でもよく飲んでます。その酒蔵が近くにあるので、立ち寄って古酒を買おうかと。
色々と説明を受け、結局十年古酒を買いました。
ちょっと高いけど、この年代以上になると水割りでグイグイではなく、お猪口でチビチビなので、暫くは楽しめそう。

大雨の中アウトレットモールあしびなーへ、ここは普通のアウトレットモールなのですが、まあこんな大雨でも無ければ立ち寄ることもないでしょうから。
りんくうプレミアムとは入ってるショップも違うので、嫁さんはそれなりに楽しんでたようです。
大雨のせいか、施設内は貸切に近い人の少なさ、近所の店もこんなに空いてたらいいのですが。
その後糸満の道の駅へ、ここは空港に帰る前に立ち寄る定番施設です。
ここの沖縄そば屋で昼食、島らっきょうや泡盛を買ってスーツケースに詰め込み、レンタカー返却。
少し早めに空港に着き、とりあえずビール。ここで今回初めてオリオン生を飲みました。
途中嫁さんと別行動し、私はいつものそば屋で沖縄そば、その後本屋などをめぐり、午後5時半に那覇出発、午後7時半関空に到着、そのまま車に乗り、出発から3時間後の午後8時半には自宅に着いてました。

今回は一泊で忙しかったけど、ポイントを絞れば十分遊べますね。
まだ食べたいものは沢山あるのですが、胃がついてこれません。
また次行ったときに食べる事にします。

aDSCN0447.jpg

aDSCN0448.jpg

aDSCN0449.jpg

aDSCN0454.jpg

aDSCN0455.jpg

aDSCN0462.jpg

aDSCN0465.jpg

aDSCN0467.jpg
関連記事

旧海軍司令部壕

ホテルでの朝食を済ませ、そろそろチェックアウトします。
夕方5時半の便で帰るので、それまでまだ遊べますが、今日も生憎の雨。
天気が良ければ南部の海やカフェなど、行きたい場所は色々あるのですが、この雨では少々厳しい。
そこで以前から行きたいと思っていた「旧海軍司令部壕」を訪ねます。
豊見城市にある、戦争当時に海軍の司令部として使われていた壕で、今は資料館になっており、壕の中も見学する事ができます。
そこは驚くほど深くて広くて、これでも末期には立錐の余地も無いほどの軍人や民間人で溢れていたそうです。
資料館には当時の銃剣や食器、写真や手紙などが展示されており、ただただ言葉を失います。
重いものを抱えて施設を後にしますが、来て良かったですね。

私たちは6月14日に来たのですが、何か前日に式典があったようで、業者の方が片付けの真っ最中でした。
後から調べてみると、この壕の司令官だった大田實海軍少将が、昭和20年6月13日にここで自決していました。
それの式典だったのでしょうね。

aDSCN0424.jpg

aDSCN0441.jpg

aDSCN0436.jpg

aDSCN0427.jpg

aDSCN0432.jpg

aDSCN0431.jpg

aDSCN0430.jpg
関連記事

古酒BAR&琉球DINING カラカラとちぶぐゎー

食べたいものが食べられなかった我々は、新たな店を探すことに。
嫁さんが以前、ガイドブックで見て覚えていた海鮮居酒屋が近くにあるらしい。
「回」という店で、支店も何軒かあるとか。スマホの地図を頼りにすぐに到着、店も綺麗で雰囲気あります。
但し。
本日は貸切でした。。。
まあ金曜日だしねえ。。。

この時点で軽く途方にくれ、元来た道を引き返します。
ふと、この店の数件隣に古酒BAR&ダイニングがあったことを思い出しました。
元々どこかの泡盛BARには行くつもりだったので、ダイニングとも書かれているので料理もあるだろうと思い、雨の中歩き疲れた中年夫婦は即決でここに入りました。
7~8人掛けのカウンターにテーブルが数台、そんなに大きな店ではありません。
カウンターの端には地元の常連さんが二人、どこでもいいと言うのでカウンターに座りました。
さすがに泡盛の品揃えは圧巻です、古酒も壁一面に。
魚は刺身やグルクン、海ぶどうなど一通りのものは揃ってます。
先程までの不機嫌な感じは一気に消え、刺身や泡盛水割りを注文。
マスターから泡盛の美味しい飲み方などを聞きながら飲み、18年古酒をサービスで飲ませて頂き、こんなにも甘いものかと驚き。
グルクンのから揚げを食べ、ダメ元で波照間の「泡波」は無いかと聞いたところ、普通にあるとの事。(マジか!)
保存のいい泡波がこんなにも美味しいとは、これもまた驚きです。
その後与那国の「どなん」30°
酔っ払って銘柄は忘れましたが43°の古酒をちぶぐゎー(お猪口)で。
普段飲めない銘柄が普通に飲めることに舞いあがり、気がつけば少々飲みすぎました。
偶然入った店ですが、ここは必ずまた来たいですね。
尚、帰ってから調べたら、普通にガイドブックにも紹介されてる有名店でした。

午後9時半、タクシーでホテルに帰って文字通りバタンキュー、嫁さんはオリオンビール買ってきて部屋飲みしてたそうですが。
日付が変わって午前2時、熟睡したので爽快な目覚めです、当然嫁さんは寝てます。
夜の遅い那覇の街、まだホテル近辺で開いてるBARは無いかと調べますが、遅くても午前3時まで、今からではちょっと辛い。
仕方ないのでホテル横のコンビニでビールとつまみを買ってきて、一人部屋で飲む事に。
買いに行ったときに午前6時までやってる「笑笑」を見つけましたが、さすがに沖縄に来てまで入る店では無いですね。
朝4時半、少し眠くなったのでベッドに入ります。
明日は時差ぼけの予感。

aDSCN0388.jpg
落ち着いた雰囲気の店内。ハイシーズンは観光客が多いので、地元の人はあまり来なくなるそう。

aDSCN0385.jpg
刺身三種盛り、アオリイカ、マグロ、赤マチ。

aDSCN0389.jpg
透明な琉球ガラスはあまり見ません。

aDSCN0390.jpg
グルクンから揚げ。

aDSCN0392.jpg
海ぶどうサラダ

aDSCN0400.jpg
おやすみなさい。
関連記事

夕食、牧志から久茂地へ

アーケード街をブラブラし、お腹も減ってきたのでどこかで夕食に。
行きたい店は沢山あるのですが、今日はグルクン、イラブチャー、アバサーなど沖縄の魚系が食べたい気分です。
国際通りを跨いで反対側、沖映通りとニューパラダイス通りの交差点付近に確か海鮮居酒屋があった気が。
行ってみても思ってるような店はなく、スマホで調べたら済むのですが、雨も降ってるので面倒になり。
ニューパラダイス通りを南下すれば何かあるかと思い、適当に歩きます。
一度食べたい大東そばや花笠食堂など、名前は知ってるけど入ったことの無い店を素通りし、結局国際通りに出てしまいました。
ここで食べようと思えばいくらでもあるのですが。。。
もう一度スマホでしっかり調べ、現在地の近くに某グルメサイトで評判のいい沖縄家庭料理店を発見。
ミシュランで言えば三ツ星クラスの高評価連発で、これは期待できると地図を頼りに向かいます。

結果から言えば。
ネット情報を鵜呑みにして入った我々も悪いのですが。
なぜこの店が色々な場所で高評価なのか理由がわかりませんでした。
飲食店とは思えない外観で、隠れ家感は凄いですが。
挨拶なし、笑顔なし、料理の品数少なすぎ、オリオンビールを頼めば生ではなく瓶とは。。。
もちろん魚などもなく、揚げ物も出来ないと。。。(ここは喫茶店かい!)
元々は地元の人がちょっと飲むのに使ってるんでしょうね、ならば星五つです。
隠れ家感、場末感を味わいたい場合も星五つ、普通の店は行きつくした沖縄通あるいは沖縄通を気取りたい人も好みそう。
しかし年に1回くらいしか来ない観光客が利用する場合、あえてこの店を選ぶ理由はまずないです。
まあ、こんな事もあるから楽しいのでしょうが、とりあえずビール2本とラフテー、島らっきょうの塩漬けを食べて、早々に退散しました。

まだお腹も減ったままだし、次はどの店に行こうか。

aDSCN0384.jpg
看板などありません。

aDSCN0368.jpg
雰囲気はそれなりですが。

aDSCN0370.jpg
メニューの品数に関しては何をか言わんや。
ウチの嫁さんが作る沖縄料理の方が、まだレパートリー多いくらいです。

aDSCN0376.jpg
ラフテー頼んだらおでんみたいなの来たし。

aDSCN0373.jpg
島らっきょうの塩漬けをつまみに薄暗い店内で瓶ビール。
向かいに座ってる嫁さんが、場末のスナックのママに見えてきたので帰りましょう。
関連記事

桜坂から牧志辺りをブラブラ

おもろまちのDFSを出て、ゆいレールおもろまち駅から2駅、牧志駅で下車。
国際通りの北端あたりですが、ここから歩いて桜坂劇場へ向かいます。
ここにセレクトショップが入っており、2階でやちむん(沖縄の焼き物)や琉球ガラスなどが常設されてます。
近くにやちむん通りもあるのですが、そこは大体17時頃には閉まるので、20時まで開いてるここが嫁さんのお気に入り。
荷物になるので大きいのは買いませんが、今回も小さな取り皿を買ってました。

やちむんを買ったあと、桜坂から浮島通り、むつみ橋商店街、平和通りなどアーケード街を中心に散策します。(外は雨降ってるので)
看板ネコを撮影したり、東南アジアのような怪しい路地を覗いたりしながら、そろそろ夕食に行くことにします。

aDSCN0351.jpg
桜坂劇場のセレクトショップ「ふくら舎」1階には沖縄関連の書籍や雑貨、2階にはやちむんや琉球ガラスが所狭しと並んでいます。

aDSCN0352.jpg
店員さんの絶妙な、客に対する放置加減が心落ち着きます。
レジがなければギャラリーに来たのかと勘違いするかも。


aDSCN0353.jpg
サンライズなは商店街、この辺りに来ると観光客相手の店は殆どありません。

aDSCN0354.jpg
国際通り付近では呼び込みが煩いけど、ここは落ち着きます。

aDSCN0355.jpg
どこかの店の看板ネコ。

aDSCN0367.jpg
さすが沖縄、どん亭にも沖縄そばが。
関連記事

金城町の大アカギ

古波蔵家のすぐ近く、樹齢300年の大アカギがあるので、少し足を伸ばして雨の降る中歩きます。
周囲の家は普通に生活されている家ばかり、何とも趣のある町並みです。
大アカギの周囲は御嶽(うたき)と呼ばれており、沖縄に数々ある信仰対象の地なので、静かに見学。
キジムナー(琉球地方に昔から伝わる木の精霊)がいてもおかしくない立派な木で、静かな場所でしたね。

駐車場まで戻る途中、首里城にある売店で一休み、紅芋ソフトを食べてクールダウンし、そろそろ今夜の宿に入ります。
今夜予約したのは「ダイワロイネットホテルおもろまち」。那覇でも一際発展目覚しい新都心と言われる地域にあり、ホテルの目の前には大きなDFS(免税店)があります。
(沖縄はアメリカ統治時代の名残から、日本国内にも関わらず免税店があります、買った品物は空港の保安ゲートを越えたショップで受け取ります)
ホテルで一休みし、せっかくなのでDFSを覗きますが、さすがに嫁さんも沖縄に来てブランド品を物色する気分にはなれないようで、さっと見ては店を後にしました。
予想通り店内には中国語と韓国語が飛び交っていましたね、何なら日本人より多かったかも。

aDSCN0335.jpg

aDSCN0336.jpg

aDSCN0338.jpg

aDSCN0342.jpg

aDSCN0349.jpg

aDSCN0345.jpg
関連記事

首里へ

宜野湾から少し南下、進路を東にとって首里方面へ向かいます。
雨はしとしと雨ですが、今日はもう回復の見込みは無さそう。今回は青空は諦めました。
特に渋滞も無く首里城の駐車場に車を入れ、守礼門へ向かいます。
梅雨時の平日でもここは観光客が多いですね、団体ツアーのバス客がかなりの割合。
守礼門をくぐり普通は正殿に向かいますが、我々は別方向に歩きます。
目的地は金城町の石畳、できれば晴れた日に来たかったのですが。

首里周辺は太平洋戦争で焼け野原になったのですが、部分的に戦火を逃れた場所もあり。
そんな貴重な町並みが残っているのがこの付近です。
NHK朝ドラ「ちゅらさん」のロケ地としても有名で、半年ほど前にBSで再放送してました。
何気なく毎日録画してドラマを観てたら面白く、これは一度石畳にも行かなければとミーハーな理由ですが。
思ったとおり雰囲気のある道で、ドラマそのままで楽しかったです。
実際に歩くと坂道がかなり急で、ちょっとした山登りくらいの勾配があり、雨も降ってるので足元が相当滑りやすくて怖かったです。
まだまだ道は続きますが、下まで降りたら登り返すのが大変なので、今日は途中まで。

DSCN0316a.jpg
首里城守礼門

DSCN0317a.jpg
ここもドラマや映画でよく見ます

DSCN0319a.jpg
道100選

DSCN0321a.jpg
思ってたより広い範囲でした

DSCN0323a.jpg
ちゅらさんのドラマや観光ガイドの写真でいつも見る風景、ちょっと嬉しい

DSCN0325a.jpg
分かる人にしか分かりませんが、古波蔵家の外観です

DSCN0327a.jpg
なるほど
関連記事

ジミー大山店

嘉手納からゴッパチを南下し、宜野湾市は普天間基地のすぐそば、アメリカンなスーパーのジミー大山店へ。
ジミーは沖縄に幾つか店舗がありますが、ここが1号店になるそうです。
沖縄ではここのケーキも有名ですが、買っても食べられないので今回はパス。
ここで嫁さんがコンビーフハッシュ(おそらく沖縄でしか買えない?)や、わしたポークなどを買い、私はブルーシールのアイスを食べて休憩中。
品揃えはさすがにアメリカンで、見てても楽しいです。
ここはステーキ中心の店内レストランもあるのですが、タコスに沖縄そばを食べた後ではちょっと辛い。
この頃から雨がぱらついてきましたが、気にせずに次は首里方面へ走ります。

1b.jpg
沖縄では馴染み深いジミー

2b.jpg
周辺の店も雰囲気がありますね

3b.jpg
でも、そこらじゅうにシーサーが居ます

4b.jpg
スパムは大阪でも買えますが、沖縄では安いんですね。
ポークたまごやスパムともやしのチャンプルーなどは我が家の定番料理です
関連記事

道の駅かでなから沖縄そば

そしてパークアベニューから嘉手納基地を反時計回りに走り、せっかく近くに居るので基地反対側の道の駅かでなへ。
ここも初めて来ますが、確か娘は中学校の修学旅行で立ち寄ってました。
道の駅2階の展望台で、離着陸する戦闘機が見れる場所として有名で、この日も凄いカメラを構えた人々が何人も展望台のベンチを占拠してました。(カメラマニアなのか戦闘機マニアなのかは不明)
暫く見ていても飛び立ちそうもないので、何か食べようと下のフロアへ。
(そういえばパークアベニューを歩いている時に、近くに雷が落ちたのかと思うような音が何度も聞こえてました。
これは上空を戦闘機が通った時の音でした。)

思っていた道の駅とは少し違い、レストランはあるけど買い食い出来そうな店はなく。
さてどこで食べようか、美浜のアメリカンヴィレッジで店を探すか、茶谷(ちゃたん)のエンダー(A&W)に行くか。
走りながら考えていると、そういえば嘉手納の海沿いに海が見えるそば屋(当然沖縄そば)があったのを思い出し。
時期と時間の関係か、先客は数組でゆったりと食事できました。
海も目の前に見えるのですが、残念ながら今日は曇り、海の色も映えません。
優しい味の沖縄そばとじゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)を美味しく頂き、店の人も愛想良くて穏やかな時間を過ごせました。
外に出て車の下で寝ているネコと遊び、そろそろゴッパチ(国道58号線、沖縄西部を南北に貫く幹線道路)を南下します。

1a.jpg
道の駅かでな

2a.jpg
2階の展望台から

3a.jpg
店名はそのまま「海が見えるそば屋」

4a.jpg
落ち着いたカフェのような店内です

7a.jpg
ここでも芸能人のサインが沢山

9a.jpg
メニューはシンプルです

5a.jpg
まだ色々食べるので、そばは「小」で

6a.jpg
やさしい味でした

8a.jpg
逃げる気配もなく被写体になってくれます
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。