2010年12月の記事 (1/1)

2010年納竿釣行

2010年もいよいよ今日で終わりですが。
忙しい年の瀬に代車に乗ってました。

TS3O0411.jpg

先日高速道路を走っていた時、飛び石でしょうか、フロントガラスに何かがぶつかり、ものの見事にヒビが入りました^^;
合わせガラスなので内側には影響ないですが、外側は長さ3センチくらい。
翌日近所の自動車ガラス店で相談したのですが、リペアできるかどうかわからないとの事。
しかも既にガラスメーカーは年末休みなので、修理は翌年に。
翌日、どうもヒビの長さが広がってる気がして、別の店に走りました。
やはり難しいかもと言われたのですが、幸いにも純正のガラスが在庫されてたので、リペアしてだめだったら取り替えるという事で、作業をお願いします。
結果、思ったより綺麗にできて、料金はリペア代の16500円で済みました(^^)
これでも相当高いのですが、ガラス交換ならディーラーに依頼すると10万コースです。
安いガラスでも5~6万になり、12万キロ走った車にはもったいないので、できればリペアで済ませたかったのですね。

しかしこの原因となった高速道路ですが。
年末に何とか納竿釣行に行きたくて、仕事スケジュールと天候に少し目をつぶり、和歌山に走ってた時に被害を受けたのですね。
忙しい時期に無理に釣りに行った罰でしょうかね。
しかも、天気は良いもののウネリが強く、全然うまくいきません。
明るい間はササノハベラばかり、少し暗くなればクサフグ連発、その後生命反応がなくなり、マキエが無くなる頃に来た大物はボラでした^^;
これで心折れて納竿です。
今日はだめでしたが、今年色々な魚と遊ばせてくれた地磯に感謝しつつ、2010年の釣りを終えました。

TS3O0410.jpg


今年お世話になった皆様、色々お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。


関連記事

グレシーズン

昨日の夕方、いつもの場所へ車を走らせました。
前回は波が高くて竿を出せなかったのですが、今回は何とかなりそう。
現地に着くと潮は下げ止まりで潮は動かず。
風はありますが陸方向から吹いてるので、波は抑えられてます。
いつものようにオキアミボイルを3キロ、刺し餌はブロックから取り分けます。
午後5時頃に第1投、いつもならば夕マズメに大きなコロダイが来るのですが、さすがに寒くなってコロダイは難しいか。
予想通りゴールデンタイムにコロは釣れず、大きなヒガンフグが釣れただけでした。
日が暮れた頃から横風が強くなり、ライントラブル頻発。
一から仕掛けを作り直したりしながらも、いい感じにウキを沈めるアタリを合わせます。
?そこそこ大きいけど、コロダイのように沖へ一直線のパワフルさは無く、しかしスピードがあって最後まで根に突っ込みます。
少々もたつきながら取り込んで見れば、40センチはありそうなグレでした。
その後イトフエフキを追加するものの、以降はエサ取りがポツポツ釣れるのみで、撒き餌が無くなり終了。
午後10時半に自宅に帰り、グレを計ってみれば46.5センチ、地磯の釣りでは文句無しのサイズです。
ただ、コロダイとも戦えるハリス3号仕掛けだと、全く緊張感なくてつまらないですね。
やはりグレを釣るならハリス1.5号くらいがスリリングで楽しいです。
ともあれ、グレとイトフエフキは切身になり、翌日の鍋の具材になりました。
グレは内臓が多いから捌くの嫌いです、フエフキ系は内臓が少なくてお腹も真っ白で綺麗なので、捌くの楽で嬉しい。
いつものように中落ちはハナのおやつ、最近は魚を釣ってきたら自分も貰えるとわかっているようで、捌いてる最中にも鳴きながら足元をウロウロしています。

TS3O0407.jpg
波は無し、小潮の干潮、潮止まり

TS3O0408.jpg
グレ46.5センチ、それに小さいイトフエフキ
関連記事

貝拾い

昨日の夕方、いつものポイントへ車を走らせます。
天気は下り坂ですが半夜で竿を出すくらいなら何とかなりそうで、潮の高さも午後4時半くらいには磯の上に乗れそうです。
いつものようにオキアミを仕入れ、荷物を担いで海岸を歩きますが。。。
予想より遥かに波が高い!
正面から風が吹き付けて、潮が引く時間にも関わらず、只でさえ低い磯は完全に波に洗われています。
暫く海岸で波の様子を観察し、更に潮が引くのを体育座りで待ち続け。
30分後、潮は確実に引いてますが、波風は更に強く。
退屈なので他のポイントを見に行ったり、足元に落ちている貝殻などを拾ってみたり。
(仕事もせずに何をやってるのかとも思ってみたり)
意を決して竿だけ持って磯の先端に立ってみるものの、時折来る大きな波に身の危険を感じます。
これはさすがにちょっと無理、今日は潔く撤退する事に。
さて、買ってしまったマキエをどうするか。
大きく移動するのは色々面倒だし、夕マズメも逃したくないし。
暫く付近をウロウロしますが、どこもこれと言った場所がなく、仕方なく漁港の防波堤で竿を出す事にしました。
この時点でコロダイは完全に諦めましたが、チヌかコッパグレでも釣れればいいかと思いながら。
しかし、3時間マキエを撒き続けるも、生命反応はほぼ無し。
2回ほどエサ取りのアタリがあっただけで、ついに何の魚も釣る事ができませんでした。
その内雨も降りだして、ついに諦めて納竿、完全ボウスでした。
最近はいつも何かしら魚が釣れてたので、手ぶらで帰るのは久しぶり。
まあ、たまにはこんな事もあるでしょう。
自然には勝てませんね。

TS3O0406.jpg
関連記事