2010年10月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テトラでタッチー

先日の船タッチーでは船酔いでまともに釣り出来なかったので、少しだけ波止タッチーです。
急に寒くなって季節風も吹き荒れる中、風裏のテトラからいつもの電気ウキ仕掛けを投げました。
午後5時から午後7時までの2時間の釣り、アタリは僅か2回、結局小さめのタチウオを1匹だけ持ち帰りでした。
これ以上は寒くて無理です、まだ寒さに体が慣れてないので、上着着てても寒い。
持ち帰ったタチウオを、先日BOBさんから頂いた刺身包丁(柳刃)を使って捌きましょう。
刃渡りが30センチ以上ありますが、細いタチウオには役不足でしょうか^^;
しかし小さい太刀魚を3枚に下ろすのは難しいですね。
骨に沿って切ればいいだけなのに、その単純な事が結構難しい、狭いシンクの上では長い魚が扱い辛い事もあり、酷い有様でした^^;
見た目はアレですけど、味は美味しいですから(^^)

TS3O0393.jpg

TS3O0394.jpg
関連記事
スポンサーサイト

船タッチー

毎度お馴染みタチウオ画像ですが。
今回は船タッチーです。
土曜日、知人のマイボートにて加太沖に出かけ、タチウオ釣りして来ました。
但し
私に限っては殆ど船酔いしてて、キャビンで寝て過ごしたのですけどね(^^ゞ
最近はあまり酔わなかったので油断してました。
朝起きたら少々体調が悪く、これは今日は船酔いしそうでドタキャンも考えたのですが、波が無ければ大丈夫だろうど甘い考えで。
現地を出港し、まずは淡路島沖のポイントに向かいます。
波風が結構強く、45分かけて着いたのですが状況も芳しくなく。
急遽進路を南に取り、加太沖を目指します。
結局2時間近く船に揺られ、着いた頃には少し船酔いの兆候が。。。
暫く頑張るも、一度キャビンに入るともう出る気力が無く。
途中でしっかり睡眠までとってしまい、気がつけば港でした^^;
サイズこそあまり大きくないですが、何だかんだでそこそこ釣れ。
結局私は10数匹お持ち帰りしました。
我が家にはまだタチウオとコロダイが冷蔵庫に入ってるので、これは先週に引き続き実家へ。
近所の人にも配ったりているうちに、綺麗に全部無くなりました。
それにしても、今回ほど酷く船酔いしたのは始めてかも。
やっぱり船釣りは性に合いませんねえ。
美味しい魚が沢山釣れるのは魅力ですが、釣れなくても磯でチヌやグレを狙ってる方が楽しいです。

TS3O0392.jpg
関連記事

筋肉痛

両腕が筋肉痛です。
昨日夕方、潮回りが良かったので急遽南紀の地磯に夜釣りに行きました。
単独なので20分歩くポイントは回避し、歩いて5分のお手軽ポイントへ。
朝までやるつもりはなく、4~5時間の半夜釣りです。
撒き餌、刺し餌共ボイルのオキアミ、今日は4.5キロ持って行きます。
5時前にポイントに到着、まだ明るいのでハリス1.7号の昼用仕掛け。
これが間違いでした、竿を出して約5分後、いきなり竿をひったくられて完全に後手に。
糸を出す暇もなく切られました。
悔やんでも後の祭り、まだ明るいですがハリスを太くして対応します。
それから15分、同じようなアタリでかなりの重量感、今度は出遅れずに対応できました。
散々走り回られて何とかタモ入れ、60センチオーバーのコロダイでした。
よく根にも擦れずに上がってきてくれたものです、運が良かったのでしょうね。
30分後に再びコロダイ、これは少し小さくて55センチくらい、さらに50センチのコロダイ。
この時点でまだ午後7時、これ以上コロダイが釣れてもスカリに入らないし、そろそろ違う魚が欲しいと思っていたら。
釣れてくれました、33~4センチのグレ。
次は30センチのヘダイ。
この時点で7時半、もう帰ってもいいのですが撒き餌が大半残ってるので、贅沢にばら撒きます。
早速アタリでコロダイの重量感、かなり大きい、しかしまさかの針外れ。
見ればすっかり針先がなまってました、完全に点検ミス、悔いが残ります。
針を変えて更にアタリ、同じく大きなコロダイですが、これもなぜか針外れ。
これを境に魚の気配が遠のき、時刻は午後9時、もう腕に乳酸が溜まって力が入らないので、これで帰る事にします。
魚を締めてバッグに積め込み、行きより重くなったクーラーバッグを背負いながらヨロヨロと磯を歩き。
家に帰って魚を捌いて道具を洗い、落ち着いた時は午前2時を回ってました。
この魚、いくら何でも食べきれないので、義弟の家に里子に出されます。
家の子になるのは一番小さいコロダイのみ。

久々に、メチャクチャ楽しい釣りでした(^^)

TS3O0386.jpg
まだ明るい磯の上、この後すぐに大きいのをバラシます。

TS3O0387.jpg
63、55、50のコロダイ、グレとヘダイは30少し上。

TS3O0390.jpg
ハナとの対比
関連記事

4分の3

昨夜、ナントカの一つ覚えのようにタチウオ釣りに行きました。
前回は連休中だったので人も多く、思った場所に入れませんでしたが。
今回は平日、、釣り人はいますが場所に困る事はありません。
しかし平日の足場のいい釣り場は、完全にお達者倶楽部化しています。
常連の面々が帰る時の挨拶が「また明日!」だった時は、思わず「明日も来るんかい」と、つっこんでしまいましたが。

そんな事もありながら仕掛けを投げ続けますが、前回より更に食いが渋い。
いつも船で釣りに出かける知人の話では、今週は潮が悪いから、船でも釣果が少ないらしい。
来週以降に期待だとか。
釣り開始から1時間程で、ようやく1匹目。
続けてアタリが出るも、これは慎重になりすぎて食い逃げされました。
その後海は静かになり、更に1時間後にやっと2匹目。
これはウキを引き込まず、水面下10センチでウキが止まったままでした。
誘って少し沈み、更に誘って少し沈み、4~5回繰り返してようやくウキが沈みます。
その後もまたアタリの無い時間が過ぎますが、何とか1匹追加の3匹目。
この時点で釣り開始から3時間、とても効率悪いです。
もう疲れたので今日は帰りますが、周囲に比べればまだマシな方でした。
私以外は少し離れた釣り人が2匹釣ってましたが、見渡せる範囲で釣り上げた姿を確認できたのはこれだけ。
少なくとも私が帰るまでは、大半の人がボウズでしたね。
皆様まだ帰る気配も無かったので、その後入れ食いになった可能性も無い訳ではないですが。

TS3O0385.jpg

関連記事

5分の2

最近ワンパターン化してきた感もあるタチウオ日記ですが。
今日も出かけてきましたね。
さすがに日曜日、入りたい場所はどこも一杯で、結局テトラの隅っこでひっそりと竿を出しました。
いつものように夕マズメに期待したのですが、場所のせいなのか何なのか、この日は全然アタリが無く。
周囲も全く駄目なようで、今夜は諦めて8時半には帰ろうと思っていたのですが。
丁度8時頃から初めてのアタリが出て、これは乗らなかったけどようやく希望が見えてきました。
誘ってウキが沈んで合わせて乗らず、誘ってウキが沈んで合わせて乗らず。
誘ってウキが沈んで放置して、忘れた頃に巻上げて今夜1匹目。。。
その後小さいのをもう1匹追加して、9時過ぎに納竿しました。
結局5打数2安打、前回よりは打率上がりましたが、バットを振る機会が少ないのは参りました。
アタリもなくエサを取られる事もあったので、今日は魚のサイズが小さめだったのかもですね。
我が家にはまだタチウオが眠ってるので、これは明日里子に出しましょう。

TS3O0382.jpg
関連記事

7分の1

夕方からタチウオ釣りに行ってきました。
前回釣ったタチウオもまだ冷凍庫にストックされてるし、沢山釣れたら実家にでも届けようかと皮算用しながら。
風が少し強め、前回に比べると随分釣り人も増えてます。
電気ウキの明かりがはっきり見えだす頃に1回目のアタリ、しかし合わせが早くてアウト。
すぐに次のアタリ、やはり針に乗らず。。。
暫く静かな海を眺め、久々のアタリ、やはり針に乗らず。。。orz
今日は前回と違い、アタリがかなり少なく、しかも食い込みが悪いようです。
4回目のアタリでようやく1匹目、これはまあまあのサイズでした。
この頃からアタリはさらにまばらになり、退屈な時間が多くなります。
久々に当たってやはり乗らず。
次のはしっかり針掛かりしたのですが、足元で痛恨のバラシ、これはサイズが良かっただけに残念でした。
次はケミホタルが真横に走り、仕掛けが絡むわエサは食い逃げされるわで、ストレスもピーク。
時刻は午後8時半、アタリの数も少ないので今夜はこれで納竿。

結果、アタリが少なく食い込みが悪かったとは言え、まさかの7打数1安打。
元々針に乗せるのが難しい釣りではありますが、これは酷い低打率でした。
今夜は2本針に変えたのが裏目に出たのでしょうかね。。。

TS3O0381.jpg
関連記事

映画 海猿

海猿を観てきました。
映画、連ドラ、映画(続編)と観てきた付き合い上、これを観ない訳にはいかず。
前回の映画からストーリーがダイ・ハード的になり、今回も大体内容は分かっていましたが。
スケールは今までで一番で、後半は泣かせる場面もあり、周囲でも鼻をすする音が沢山聞こえてました。
個人的にはやはり映画の1作目とフジの連ドラが好きですね。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。