2010年07月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポキ

ヘダイのポキです。
元々はハワイの料理で、マグロなどを使うのが一般的らしいのですが、今回はヘダイで。
要は中華風のカルパッチョのようなものですね。
ヘダイは白身で美味しい魚なのですが、やはりこの時期のせいなのか、何もつけずに身だけを一切れ食べると、ほんの少し磯臭さを感じました。
嫁さんは別に気にならないとの事で、夏の磯魚のイメージから来る過剰反応でしょうかね。
魚が続いて軽く不機嫌な娘も美味しいと言ってたので、これはまた違う魚で食卓に上るでしょう。

ハナとクッキーにもお裾分け。
味付けせずに湯がいたヘダイと餡を絡め、普通に美味しそうなペットフードが出来てます。
ハナは大騒ぎで食べてますが、クッキーは特に食べたくないようで、餡だけ舐めてどこかに去って行きました。
シュークリームやロールケーキの時は必死で走ってくるくせに、魚をあげても正にネコまたぎ状態です^^;
何でこんなネコに育ってしまったのか。。。

TS3O0328.jpg

TS3O0326.jpg

TS3O0314.jpg
関連記事
スポンサーサイト

オールナイトで

いい年したオヤジ3人、南紀の地磯で夜遊びしてきました。
腰まで海に浸かって磯を歩き、夜8時から朝5時までメシ食う暇も惜しんで釣りしてましたよ。
若い頃は徹夜での釣りなど珍しくもなかったのですが、最近はそんな元気も無く。
まあしかし、まだまだ体力的には全然大丈夫だと感じました。
さすがに家に帰ってから2時間ほど爆睡しましたけどね。

さて、釣果はご覧の通り。(3人分)
これが全部ではなく、写真の周囲にチヌやイサギがまだ何枚も散らばってます。
チヌは小さいので40センチ、50センチ越えが2枚、他にヘダイとコロダイは40越え。
イサギやガシラは小さかったけど、十分堪能できました。
さすがに南紀のポテンシャルは高いですね~。

適当に分けて持ち帰った獲物を、嫁さんと二人で1時間かけて捌きました。
疲れました^^;
でも楽しい釣りでした(^^)

TS3O0318.jpg

TS3O0319.jpg

TS3O0322.jpg

TS3O0323.jpg

TS3O0325.jpg
関連記事

近畿最高峰そしてオオヤマレンゲ

近畿最高峰で百名山の八経ヶ岳へ、H・EIさんに案内して頂いて登ってきました(^^)
周囲の山は何度も登ってるのですが、ここは車でのアクセスがあまり良くないとの話も聞き、ついつい後回しになってました。
朝は山全体がガスに包まれてたのですが、登るに従いガスが晴れ、日頃の行いがいいせいか、山頂では見事な景色が広がってました。
空は綺麗に青く、大阪の白なのか青なのかわからないようなスモッグに包まれた空とは一味違います。
登山道から離れた静かな場所で昼ごはんを食べ終え、ザックを枕に木陰で横になって空と雲を見ていると、思わず「あ~、もう帰りたくない」と声に出してました(^^ゞ
天然記念物のオオヤマレンゲも見れたし、良き日です(^^)

弥山(みせん)1895M、八経ヶ岳(はっきょうがたけ)1914.9M いい山でした。

100718blo1.jpg

100718blo2.jpg

100718blo3.jpg
関連記事

キス釣り 泉南

昨日の事、午後から泉南で仕事の打合せ。
天気予報では夕方までは雨は大丈夫そう。
ならば竿を持って出かけましょう。
各地では大雨が降って大変な地域もありますが、大阪の海岸部は特に大きな混乱も無く。

朝4時半、ネコのクッキーが毛玉を吐く音で目が覚め、掃除してたら目が冴えてしまったのでそのまま準備します。
予定より随分早い出発なので、和歌山まで行こうかとも思ったのですが、昨日までの雨で紀ノ川や有田川も増水&濁りが入っているだろうと、予定通り泉南に向かいます。
今日は投げでキス狙い、途中で石ゴカイを500円分買い、まずは深日港の白灯へ。
この辺りも以前はよく来たのですが、フェリーも撤退し、かつての賑わいは夢の後です。
数年ぶりの投げ竿とキス仕掛けをセットし、第1投、いきなりピンギスとマッチ箱サイズのチャリコ。
しかしその後はチャリコの猛襲、たまらず場所がえ、今度は岬公園裏へ。
雨による土砂崩れで通行止め箇所が多く、車が入れるのは淡輪寄りの海に延びた防波堤部分のみ。
必然的にアングラーが集中し、平日にも関わらず各防波堤ではエギンガーが一生懸命エギを投げてます。
空いてる場所で竿を出し、予想通り水潮気味の海と海草に悩まされながらも、ポツポツとキスが。
さびいたら100%海草地獄なので、今日は軽く置き竿気味が正解か。
キスも釣れるがそれより外道に邪魔され、思っていたより数伸びず、もっと遠投力があれば状況も変わったかも。
釣り場の裏ではアシカのような鳴き声、音楽が流れてイルカショーの訓練もしており、暫し見学。
しかし暑い、帽子と水分無しでは熱中症間違いなし。
午後12時、そろそろ釣りは終了してどこかでメシ食い、午後からの打合せの準備をしなければ。
結局持ち帰りはピン混じりのキスとサイズの許せるガッチョ。
チャリコ、キュウセン、ハオコゼはリリース。
真っ赤に焼けた顔と腕をさすりながら、頭を仕事モードに切り替えるのでした。

久々のキス釣り、あまり釣れなかったけど楽しかった(^^)

TS3O0300.jpg
ベタ凪、水潮

TS3O0304.jpg
イルカショーの舞台を眺めながら

TS3O0289.jpg
キスゲットン

TS3O0290.jpg
チャリコゲットン

TS3O0292.jpg
ガッチョゲットン

TS3O0302.jpg
キュウセン(メス)ゲットン

TS3O0308.jpg
キュウセン(オス)ゲットン

TS3O0310.jpg
キスは何とかツ抜け、サイズはピンから21センチ程度まで
関連記事

色々

夏の野菜達が元気に育ってます(^^)
植えてる本数が少ないので、毎日食べきれない程・・・という訳にはいきませんが、ちょっとした食卓の彩り程度には恵みを与えて貰ってます。
万願寺とうがらしは相変わらず勝手に実をつける親孝行物なのですが、なぜかシシトウが全く大きくならず。
万願寺とキャラが被ってるので、まあいいですけどね。。。
少し出遅れ気味だったオクラが、ようやくボチボチ収穫できる感じになってきました。
我が家の食卓、最近野菜と魚の割合が多いので、食べ盛りで焼肉やすき焼き大好きな娘が、長雨と相まって軽くイラッとしてる雰囲気です(笑)

TS3O0272.jpg
出遅れ気味のオクラ

TS3O0254.jpg
ナスとか万願寺とかミニトマトとか

TS3O0257.jpg
幾つかは天ぷらに、先日のスルメイカも居たような居なかったような。。。

TS3O0284.jpg
ナスそうめんと万願寺、どちらもかなり美味しいです(^^)
関連記事

デジャヴ?

昨夜の事。
朝から雨ですが、夕方頃から晴れ間が。
天気予報をみれば、午後10時頃まではさほどの雨も降らない気配。
んじゃ出かけましょう。
嫁さんに「また行くんかい」などと嫌味を言われながら準備します。
メバルならいいけどチヌはいらないとの事なので、今日はメバル狙いです。
メバル狙いと言っても仕掛けに大きな違いがある訳ではないのですけど。

細めのアオイソメを300円分買い。
300円とは言っても細めなので、かなりボリュームありますね、雨が降るまでの2~3時間なら十分です。
早速いつものテトラに入り、仕掛けを流して小グレゲット、しかし今日はリリース。
続けてチヌゲット、サイズは前回とほぼ同じ、これもリリース。
少し大きめのキビレゲット、勿論リリース(泣)
どうせキャッチ&リリースなら青イソメではなくて、次回は小さいミノーかワームで狙おうかと思ったりしましたね。。。
その後はメバルが釣れましたが、もう今日は持ち帰る気分でもなかったので、近くのメバル狙いの釣り人に進呈して竿を仕舞いました。
色々釣れたけど持ち帰りなし、サイズも種類も前回のデジャヴかと思いましたよ。

TS3O0283.jpg


そうそう、先日の釣りで色々と道具に被害があったのですが、その後新たな被害が判明してました。
長年愛用していたベルト装着タイプのエサ入れ、これが壊れてました(;_;)
テトラでの釣りには必需品ですが、過去に色々なタイプを購入するも、大きすぎたりベルトから外れやすかったり蓋が甘かったりで、やっと気に入ったものに出会って6~7年になるでしょうか。
その愛用のエサ入れがついに壊れ、補修を試みてもうまくいかず、先日は悲しみにくれてました。
今回は仕方なく古いエサ入れを出してきて使ってたのですが、案の定途中で外れてテトラの隙間に落ちて行きました。。。
この時点で残りのエサは針に付いてる一匹のみ、時間も午後9時を回り、丁度心が折れて納竿としました。
早急に同じタイプのエサ入れ探しに行かなければ。

TS3O0277.jpg
関連記事

カミキリムシ

先程外から帰ってきたら、玄関にカミキリムシが止まってました。
久しぶりに見た気がします、ゴマダラカミキリでしょうか。
子供の頃はカブトムシやクワガタなどをよく採りに行ったものですが、当時の子供達にとってもカミキリムシは少々マイナーな存在でした。
ただ、私が小学校3年生だったか4年生だったか、近所の公園にカミキリムシが大量発生し、この時ばかりは子供達みんな、熱にうかされたようにカミキリムシを大量捕獲してましたね。
夏の終わりと共にブームも去り、公園にも平和が訪れたのでした。

TS3O0282.jpg
関連記事

画像使用に関して

当サイトの画像ですが。
営利目的のサイトではないので細かい事は言いたく無いのですが。
無断で画像の転載等の行為はご遠慮頂きますようお願い致します。


こんな事は書くまでも無いと思っていたのですが。
関連記事

ちびっ子達の運動会

最近イカ狙いでウロウロしてましたが、そろそろいつもの釣りに戻りましょう。
てか、イカは魚じゃないですから、魚釣りは最近全然やってないのですね。
という訳でいつものように中サイズの青イソメ500円分購入。
約15年ぶりに入るテトラを釣り座に決定。
昨日も今日も、雨のせいか水が澄み気味です。
向かい風が強くて仕掛けが飛ばないので、少し重めの仕掛けに変更し、タナ1.5ヒロで竿1本先を。
暗くなるまではフグが多く、針とエサが持ちません。
電気ウキの灯りがはっきり見えだした頃、小グレ登場。
サイズに問題あるが、針を飲み込んでしまったのでキープ。
その後似たようなアタリが何度かあるが、どれも針に乗りません。
グレの口に対してエサが大きいのはわかっているが、木っ葉グレを狙ってる訳では無いのでそのまま続けましょう。
その後小さいチヌやキビレを2枚追加、これも微妙なサイズですが、やはり針を飲まれたのでキープ。
この日は合わせても針に乗らないアタリが多く、しっかり待って食わせれば針を飲まれると言う、結構ストレスの溜まる状況になってます。

テトラ移動の際、ベストに入っていた小物ケースとガン玉ケースをテトラの隙間に落としてしまい。
これで仕掛けの変更は無理、道糸から高切れした時点で終了となる状況で、一気にモチベーション下りますが、エサはまだ残っているので気持ちを切り替えて竿を出します。
そんな状況でも小さい魚は遊んでくれ、その後メバル2匹と小チヌ1枚追加。
午後10時頃エサ切れ納竿としますが、竿をたたむ時に穂先を折ってしまいました。。。
ベストの中を見れば予備の電気ウキも折れていて、今日は歯車が噛み合わない日でした^^;

釣果
小チヌ3枚、小グレ1枚、メバル2匹

被害
ガン玉ケース、小物ケース、磯竿1号の穂先、電気ウキ1個

明らかに被害額の方が大きいのですが。。。orz

TS3O0264.jpg

TS3O0265.jpg

TS3O0266.jpg

TS3O0268.jpg
関連記事

微妙な釣果。。。

少し早めの夕食を済ませて海へ。
薄暗くなる頃にポイントに到着。
ポイントと言ってもスルメイカ狙いなので、別にどこでも大差無し。
エビ撒き釣りの先客が一人、挨拶するも反応悪し。
ポイントを独り占めしたいタイプの人間か。
心配せずともアンタの釣座は荒らしませんから。
暗くなる頃、知らぬ間に消えていた。
入れ替わりにチヌ狙いのおじいさん。
青イソメをエサに電気ウキ仕掛けを流してる。
ここでようやく1杯目、胴長17~18センチのスルメイカ。
一丁前にジェット噴射などで抵抗する。
その後続けて釣れるかと思いきや、まさかの1杯で終了。

ま、ボウズよりマシか(^^ゞ

TS3O0259.jpg
携帯ではわかりませんが、今日は空気が澄んでいたのか、淡路島や明石大橋まで綺麗に見通せました。

TS3O0261.jpg
サイズは悪くないのですが、数が出ません。


関連記事

やっと スルメイカ

最近スルメイカに縛られてました。
少々意地になって釣りに行ってた自覚もありました。
二日前は泉佐野の食コン、その前は岸和田、泉大津など。
潮が悪いのかピークが過ぎたのか、周囲も含めてさっぱり上がってません。
夜中まで粘ればわかりませんが、2~3時間程度の半夜では、なかなかタイミングが合わないのか。

そんなこんなで昨夜も出かけました。
午後6時に仕事を終え、6時半出発。
エサはあるのでどこにも寄らず釣り場に直行し、釣り始めが午後7時過ぎ。
仕事帰りのタコ狙いのおじさん二人、小さなタコを2杯上げて帰って行きました。
入れ替わりにエギでスルメ狙いの20代のおにいさん、先日は2杯上げたそうです。
周囲が薄暗くなってきた頃、いきなりウキが沈んでスルメゲット!
今シーズン4回目のスルメ狙いでようやく釣れました^^;
すぐにまたアタリがあって2杯目も釣りあげ、反対側でエギを投げてるおにいさんを呼び、こちらで投げるように薦めます。
その後仕掛けトラブルなどでモタモタしている内に時合が終わったのか、海に静寂が戻りました。
道具入れを見ればケミホタルを忘たようで、少々不安なまま続けます。

その後竿を持たずに釣り場を覗きに来た(自称)「スルメイカとタチウオ釣りの名人」に1時間近く絡まれ、延々と釣りのレクチャーを受ける羽目に^^;
その師匠の弟子は数十人いるらしいのですが、今回で私も弟子の1人になったのでしょうか?
師匠曰く「2~3杯しか釣れへん時は竿なんか出せへん、ワシが竿出す時は20~30杯釣れる時や」
そりゃまあ20~30杯釣れる時しか竿を出さないのなら、誰だって釣り名人なのですが、そこのところは触れないのが大人です。
師匠が満足して帰り、静かな釣り場が戻って来たのですが、なんか完全に集中力がなくなり、今日は少し早めの21時前に道具を片付けたのでした。

それにしても、ようやくスルメの呪縛から解き放たれました。
たった2杯ですけど十分満足です。
肩の荷が降りたので、次は気楽に青イソメでも流しましょうかね(^^)

TS3O0249.jpg

TS3O0252.jpg


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。