2007年08月の記事 (1/2)

博士の愛した数式

少々古いのですが、今頃になって読みました。
映画化されてDVDも出ているので、タイトルは以前から知っていたのですが。
DVDのパッケージをチラ見しただけで、何となく暗そうな映画に思えて、原作も映画も全く見てませんでした、が。

今回原作を読み、考えを改めました。
これは面白い、一気に読んでしまいました。
私の後に嫁さんも読んでましたが、やはり一気読みしてましたね。

予想に違わず、物語は最初から最後まで静かに進行してゆくのですが。
心地よい静寂感に包まれ、リビングでTVが流れている環境で読んでいても、自分の周囲だけは音の無い世界に包まれている気がしました。
これは夜中に一人で読みたい本です。
キャンプで焚火の前やテントの中で、やはり一人静かに読みたいとも思いましたね。

キャンプ繋がりでは無いですが、明日からキャンプです。
今年はなぜか川遊びのタイミングを逸してしまい、まだ一度も冷たい川で泳いでません。
明日こそは泳ぎたいのですが、昨日今日の天気を見る限り、山間部では増水している可能性大です。
またしても、小さな支流を探して遊ぶ事になるのでしょうか。。。


HI380150.jpg

関連記事

続、オクラの花

オクラの花が散りました。
朝咲いて、午後からしぼみはじめ、夕方にはポロリと落ちました。
何ともはかないものですね。

花の命は短くて です。
さらに
命短し恋せよ乙女 です。

花の姿といい、潔くポロリと落ちるところといい、何となく椿にも似てますね。
この花は病気見舞いには持って行けませんね。
もっとも、見舞いにオクラの鉢植えを持って行く人もいないでしょうが。。。




関連記事

オクラの花

今朝、オクラの花が咲きました(^^)
話には聞いていましたが、他の野菜と比べると随分と立派な花です。
薄い黄色で6~7センチあるでしょうか、かなりの存在感です。
花が咲いたらもう少し、まだまだつぼみは沢山あるので、今後の期待大ですね(^^)




関連記事

夕涼み

昨夜、今シーズン初のタチウオ釣りに行きました。
アジを釣りたいと言う娘に、タチウオの方が大きくて楽しいからと説得し。
エサは去年のが冷凍されてたはず。
見てみればすっかり乾燥して、解凍と同時にポロポロと崩れてしまいそう。
仕方ない、近所のスーパーでキビナゴのパックでも買おうか。

スーパーに行くも、キビナゴパックは置いてない。
他に代用できるものは。。。。ありました。
サンマの刺身(切り身)。
醤油やわさびも付いていて、腹が減ったらそのまま食べれます(^^;;
しかし、タチウオを釣るのにサンマの刺身を買うって。。。
何か間違ってる気がするようなしないような。

すっかり暗くなった頃、地蔵浜に到着。
いつもの場所は工事の為入れなくなってました。
こんな風に、どんどん釣り場が狭められていくのですね。
暫く頑張ったのですが、周囲のタチ狙いの人々にも全くアタリ無し。
サビキのおじさんに釣果を聞けば、昼間に小鯵がポロポロ釣れただけで、後はサッパリとの事。
この付近ではまだタチウオの情報も出回っていないし、少し早かったかな。
一昨年の今頃は普通に釣れてたけどなあ。。。
そんなこんなで娘に責めたてられながら、ご機嫌を直してもらう為に途中でお菓子とアイスを買って帰ったのでした。
まあ、家にいるより涼しいから良かったけど。。。



関連記事

バジルの花

ふと見れば、バジルの花が咲いてました。
ほほう、バジルって花も咲くのか。
用があるのは葉なので、気にもしませんでした。
んで、花が咲いたら何かいい事があるのかと、早速ネットで調べます。

。。。。。

花を咲かせると葉が固くなるらしい。。。
そんな事とは知らず、喜んでいたのが虚しくなります。
まあしかし、白くて可愛い花なので、このまま自然の摂理に任せましょう。
ウチのバジル、妙に背ばかりが高くなると思っていたのですが、どうやら適当な高さで摘芯し、高さを押えて葉を茂らせるのが正しい育て方らしい。
その方が最終的に収穫量も増えるとの事ですが、ここまできたらもう遅い。
どこまで伸びるのか見届けましょう。




関連記事

つるべ落とし

毎日暑い暑いと言いながら過ごしていますが、季節は徐々に進んでいるようです。
いつの間にやら随分と日暮れが早くなり、午後7時になればこの通り。
夜が早く来ると言う事は、暑い時間もそれだけ短くなる訳で、知らぬ間に過ごしやすい気候になっているのでしょうね。

今日、現場に打ち合わせに行ったついでに、木の廃材を持ち帰りました。
夏の間は必要無かった焚火ですが、秋キャンプに薪は必需品。
「ぬくみ」や「いのせ」ではキャンプ場の御好意で、薪を自由に使わせて頂けるのですが、他のキャンプ場ではそうも行きません。
「周囲の森を歩けば薪など幾らでも手に入る」
そんな自然豊かなキャンプ場へ毎回行ける訳も無く。
かと行ってキャンプ場やホームセンターなどで薪を購入すれば、薄くスライスした杉が一束500円~700円。
コールマンのガスカートリッジよりも燃費が悪くて高くつきます。

幸いにも仕事柄、現場に出かけたついでに廃材を持ち帰る事が出来るので、そのあたりは助かりますけどね。
只、薪の束を長い間バルコニーに置いておくと、そのうち嫁さんからクレームが出る事が難点ですが。。。
「邪魔なんですけど」
「いつ持って行くの」
「もう捨てるで」

(T△T)


0824blo1.jpg



0824blo2.jpg

関連記事

続けてパスタ

嫁さんを買い物に連れて行った帰り、丁度昼時なので、どこかで昼食にしようと思います。
暑いしそれ程食べたく無いので、何か軽いものを探します。
ラーメンは重いし、ファーストフードは幹線道路の向かい側、Uターンするのも面倒。
と、車で走る左側に、小さなログハウス調の店を発見。
近所なのでこんな店があるのは知ってましたが、入った事はありません。
看板を見てみれば、パスタランチもあるみたいです。
まあここでいいか、と、買い物袋を抱えて(車内では肉が痛みそうだから)店内に。

小さいけれどなかなか雰囲気のいい店です。
ログ調の店内に木で作ったフクロウの置物などが置かれており、お客も少なくて落ち着けそう。
出されたメニューを見ると、フォンデュコースやパスタコースなどが並んでいますが、値段は1800円~3800円。

私「あの~、ランチはありますか?」
店「これがランチでございます」
。。。orz

席に案内され、テーブルに並んでいるカトラリーを見た時に、嫌な予感はしたのですが。。。
最初から食べる気で行くのならともかく、ハンバーガーやラーメンでいいと思っている時だと、辛いものがありますね(^^;
結局パスタランチにしたのですが、私はぺペロンチーノ、嫁さんはボンゴレロッソ。
パン、サラダ、デザート、コーヒーも付いており、値段的にはこんなものかと思わないでも無いですが。
最大の不満は、ぺペロンチーノが不味かった。。。orz
今まで食べたペペロンチーノの中でもかなり辛い部類に入りますが、どういう訳か、全く塩分が無い。
茹でる時に塩を入れ忘れたのかと本気で考え、店の人を呼んで味見してもらおうかと、本気で思ったくらいです。
これがこの店の味なのでしょうが、それなら自分で作るぺペロンチーノの方が余程美味しい。
元々がフォンデュの店っぽいので、パスタは不得意分野だったのかもです。

が、ランチでこの値段を取るのなら、もう少し満足させて欲しかった。


0823blo1.jpg




0823blo2.jpg

関連記事

冷たいパスタ

相変わらず暑い日が続きます。
こう暑いとどうしても水分を多く取り、結果食欲も減退しがち。

昨日のお昼ごはんは冷たいパスタでした。
パスタは0.9mmの極細カッペリーニ。
プチトマトとバジルは勿論自家製です(^^)
冷たいスパゲッティには細い面が合うとの事ですが、確かにそんな感じがします。
これだけ細いと食感は素麺のよう。
て言うか、素麺を使って作ってもいいかも。
トマトとバジルだけでも十分美味しいのですが、ニンニクと鷹の爪を効かせても良さそうだし、暑い時はレモンを絞っても良さそうですね。

唯一気になるのは、先にも書いたように、食感が素麺に似ている事。
素麺は子供の頃に食べ過ぎたせいか、大人になってからというもの、どんなに暑くても食欲が無くても、自ら素麺を食べたいと思った事はありません。
個人的にはもう少し太い面(1.2mm)にして、素麺感が無くなれば完璧なのですが。



0822blo1.jpg

関連記事

ぼくの夏休み

淡路島に住む親類が送ってくれた新たまねぎです。
淡路と言えばたまねぎ、今も昔も変わりません。

子供の頃、毎年夏休みには淡路島の親戚の家に従兄弟と共に遊びに行ってました。
親は1~2日で帰り、その後1週間程は子供達だけで過ごしました。
川で遊び、海に魚釣りに行き、畑の収穫を手伝い、スイカを食べて昼寝をする。
PS2のゲーム「ぼくの夏やすみ」のような事をそのままやってた訳ですが。
その時お昼御飯の一品として毎回食べていたのが、新たまねぎを生のままスライスし、酢味噌(砂糖も入ってたかも)をつけてそのまま食べるもの。
これが本当に美味しくて、その後も何度か家で作ってみたりしましたが、どうしても同じ味になりませんね。
味噌が違うのか、たまねぎの鮮度が違うのかはわかりません。
いつも作ってくれていた叔母も数年前に亡くなりましたが、今は子供(私の従兄弟)が後を継いで、淡路たまねぎは今も健在です。

夏 たまねぎ 淡路島

このキーワードが揃うと、子供の頃の夏休みを思い出します。
今でもたまに従兄弟に会うと、この頃の話しで盛り上がったりします。
遊園地や海水浴やテーマパークより、思い出すのはなぜかこんな他愛も無い事ばかりですね。

思い出せば鼻の奥がツンとするような思い出、皆様はいくつ持ってますか。


0821blo1.jpg




0821blo2.jpg

関連記事

キュウリ収穫

今朝、2本のキュウリを収穫しました(^^)
1本は小ぶりながらもまあまあの形なのですが、1本は思いっきり曲がってしまい、これ以上大きくなりそうになかったので、ここで摘みとりました。
とりあえず小さい方を、嫁さんがマヨネーズかけて食ってました。
試しにハナにもあげてみれば、こちらもポリポリ食ってます。
しかし横で見ている私には辛い。
そう、私はキュウリが嫌いなのですね(^^;
じゃあなぜ育ててるのか。
あくまでもオーナーは娘で、私は只の管理人。

大きな方は今夜、オーナーに食べさせよう(^^)



0820blo1.jpg

関連記事

メタボ?

今日、健康診断に行ってきました。
尿、血液、心電図等、通常の検査と変わらないのですが。
この歳になると、腹囲も測定されるのですね。。。
サイズはここでは言えません。。。orz
しかも測ってくれたのが、若くて可愛い看護士さん。。。orz
医師との問診では
「ビールは控えめにしないと、お腹どんどん出るよ」と言われ。。。orz

もう、数々の辱めを受け、ぐったり疲れて帰ったのでした。



関連記事

暑い日は家で読書

先日まで読んでいた水滸伝が終わり、寂しいので図書館で借りてきました。
北方謙三「楊家将」上下巻。
水滸伝よりも少し時代は遡り、宋と遼の戦いを、名門楊家からの視点で書いた小説です。
これもやはり面白く、既に全部読み終わってしまったので、ちょっと困っている次第です。

私にとってのお盆休みは15日で終わり、昨日から普通に仕事しています。
しかし昨日は日焼けのせいか海水浴のせいか、微妙に疲れが残っており、だらだらと昼寝と仕事を繰り返してました。
娘は昨日から塾の夏期講習も再開しているし、今年の夏もそろそろ終わりの雰囲気が見え始めました。
まだまだ気温は高いですけどね(^^;;


0817blo1.jpg

関連記事

炎暑

太平洋高気圧が日本列島をすっぽり覆い、各地は軒並み最高気温を更新しています。

などと、思わず天気予報口調になってしまうくらい暑い毎日ですが。
車の温度計も、ついに40℃に達しました。。。
数年前の、体温が一つの目安だった頃が懐かしい。
今は体温よりも高いのが当たり前、40℃を越えるか越えないかとは。。。
子供の頃は30度が目安だった気もするのですが。

そんな酷暑の中でも、野菜達は頑張ってます。
トマトはすっかり色がつき、熟したものから順次収穫しています。
家族はみんな酸っぱいと言いますが、私には十分美味しいのですけどね。
単なる味覚の違いなのか、思い入れの違いなのか。

キュウリもようやく形になりつつあります。
大きくなるかと期待しているものがダメだったり、ノーマークだったのがいつの間にか大きくなってたり、相変わらず悩ましいですが。


0816blo3.jpg


0816blo2.jpg



0816blo1.jpg

関連記事

いつもの場所へ

毎年一度は行っている、いつもの場所へ海水浴に行きました。
朝は少し雲が多めだったけど、相変わらずの猛暑でした。
海の水もぬるくて、年寄りでも楽に入れました(^^;

0815blo1.jpg

関連記事

読書の夏

1ヶ月程前から読んでいた本を、昨夜ようやく読み終わりました。
北方謙三の「水滸伝」全19巻。
あの水滸伝を北方風にアレンジしたもので、北方独特の雰囲気や描写も健在でした。
北方と言えば三国志、あちらは確か全13巻だったと思いますが、両方とも面白くて一気に読んでしまいました。
そう言えばこの間の伊勢キャンプにも持参して、寝る前に読んでましたね。
ホロリと泣かされる場面も多々あり、久々に夢中になって読みました。
今回の水滸伝の方は、登場人物が多すぎて頭の中で整理しきれず、時間がある時にもう一度読み返してみたいですね。
いつの間にか、自分も梁山泊の一員になっている気が(笑)
もっと読みたかったけど、残念ながら19巻で完結。
寂しい。


0813blo2.jpg

関連記事